FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2009年10月 ] 

ベルリン

相方の友達がベルリンに急きょ引っ越し、遊びにおいでと誘ってくれてので、こちらも急きょ航空券を購入し、いそいそと準備して遊びに行ってきました。もう飛行機に乗れるギリギリの週数でした。今回はEasy Jetという航空会社を利用したのですが、35週までの搭乗が可能とのことです。

最初は相方の友達のフラットで共同生活をする予定だったのですが、彼女の友達が出張でいないので、留守中アパートを使っていいよとのオファーがあり、ゆったり滞在させてもらいました。滞在の条件は、お花にお水をあげることと、アンティークの家具には触れないことでした。映画関係の仕事をしている方なのですが、アパートの趣味の良さに驚きました。

さてさて、ベルリン観光。行く前は、「壁が見たい!」と意気込んでいたのですが、実際に行ったら、もうさすがに体が重く、ヨタヨタと市内を観光してただけでした。相方もホリデー前は仕事&講習会などで忙しく、疲れがたまっていたので、午前中は二人ともベットから出れず、朝ごはんを食べてから、ふらふらと中心部に向かう日々。それでも、歴史を感じる建物があちこちにあり、「すごーい。」と、二人で目を丸くして歩いていました。

ベルリン大聖堂。
photos1 035

そして、今回の旅行の目玉はこれ。ベルリンフィルハーモニーで音楽鑑賞をしてきました。中学生の頃、NHKのN響アワーで鑑賞していて、いつか訪れるのが夢でした。
photos1 070

音楽が始まると、動き始める腹の子。楽しんでくれたかな?

Porrentruyにはエスニックな食事が楽しめるレストランがあまりないのですが、ベルリンにはあちこちにありました。さすが都会!相方の友達にはお世話になったので、何度か食事に行きました。インド料理おいしかったー。
photos1 012

後は妊婦効果かラッキーなことが。ある晩、相方は友達のフラットでのパーティに行きました。私は、時間が遅く疲れていたので、次の日の観光にそなえアパートで一人ゆっくりすることに。ご飯を作る気にもなれず、ケバブ屋に入ったのですが、ドイツ語が読めない私は注文するのもままならず、「チキン?」と聞かれ、とりあえず「イエス。」。席についてきたら、ローストチキン半身と、大量のフライドポテトとサラダが運ばれてきました。ぺろりと平らげ、さてお会計でクレジットカードで支払おうとしたら、カードは使えないとのこと。「・・・・、(私のお財布には)ユーロ入っていない・・・・。」スイスフランを持っていったので、それを渡そうとしたら、「大丈夫。心配しないで。(英語)」とお姉さん。スイスフランをもらってもらおうとがんばったのですが、「いいのよ。」との笑顔。すみません

皆さん、気をつけて下さい。ベルリンは案外クレジットカードが使えませんでした。

さてさて旅も無事に終わり、飛行機に乗ろうとしたところで、アクシデントが。チェックイン手続きをしていたら、「あなた妊娠何週目?」と聞かれ、34週ですとドクターからの証明書を渡しました。「Easy Jetは32週までしか搭乗できないので、あなたは乗れないわ。」と拒否されました。「航空券購入の前に調べてきました。そして、何でこっちに来る時(33週目)は搭乗できたの??」と伝えたのですが、調べてくるからちょっと待っててと言われ、とりあえず待機。隣でイライラする相方。しばらく待っていたら、「大丈夫よ。」と言われ、優先グループのシールも貼ってくれました。一体何だったんだろう。

最初はベルリンはおもしろそうだし、相方もドイツ語の勉強に少し滞在したいかな、と話していたのですが、旅の終わりの頃には、二人とも「It's time to go home.」かなという気持ちになっていました。帰ってきて、フレッシュな空気を吸い、やっぱりこれが必要だと感じました。

そして、帰ってきてからは、ベビー部屋の準備に追われることに。臨月はゆっくり過ごすつもりだったのですが、やるべきことが次から次に出てきます。

スポンサーサイト



[ 2009/10/08 10:42 ] バカンス | TB(0) | CM(2)